20代の転職活動で成功するため必ず知っておくべき3つのこと|現役転職コンサルタント推奨

スポンサーリンク

どうも、さばっちょです。

私は現役で転職エージェントで働く転職コンサルタントです。

これまで400人以上の転職支援の実績があります。

今回は、20代で転職を考えている方向けに、成功するために必ず知っておくべき3つのことをテーマに記載しています。

「20代で転職する際に何を気をつけたら良いのか知りたい」

など、転職を考えはじめている20代の方に少しでも参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

転職は良いことばかりではなくリスクも多く、失敗している人も多い

20代での転職は増加しており、周りの友人の中でも実際に転職した人もいるのではないでしょうか。

転職した後に楽しくやっているなどの話を聞くと、少しでも不満を抱えている人は、「自分も転職した方が良いのではないか」など少し焦る気持ちになることもあるかと思います。

しかし、転職の実体はそこまで甘くなく、転職に失敗して短期間で何度も繰り返す人は想像以上に多いです。

さばっちょ
さばっちょ

私も20代で転職しましたが、同様に転職してきた20代の人はほとんどが1か〜2年の間に再度転職しています。

また、転職エージェントの仕事をしていると分かりますが、驚くほど短期間で転職を繰り返している人は世の中に多くいます。

転職先で成功することはやはり簡単ではないといつも感じます。

納得感のない、筋の通らない理由で20代の間に短期間で転職してしまうと、市場価値は下がり、どんどん選択肢は狭まって行ってしまいます。

よって、転職は現状に大きな不満や改善点がない人は無理に取るべき手段ではありません。

どうしても変わりたい、目指したい姿に近づきたいなど、本気で覚悟を決めた人が取るべき手段だとお考えください。

結果的に現職に留まることも転職活動

転職活動とは新しい会社に転職することではありません。

転職活動は、現職とは異なる企業と出会い、自分の市場価値を知ることです。

現職でのキャリアの中で評価される点や逆に評価されない点も分かるため、今後のキャリア形成において必ず活きる、リアルな情報を得ることができます。

さばっちょ
さばっちょ

転職活動に損はないと思います。(面接時の交通費はかかる場合がありますが…)

よって、転職活動をはじめたからといって、新しい会社に転職しなければならない訳ではないので、ライトな気持ちでスタートしてみてはいかがでしょうか。

これからは会社の看板ではなく個人で生きていく時代であり、転職は当たり前になる

自らのキャリアを考える中で、市場価値を高めるべく転職活動することは本当に良いことだと思います。

昨今、様々な大手の企業が危機に瀕しており、もはや終身雇用の時代は終わろうとしています。

つまり、会社の看板で生きていくのではなく、どんな状態になっても働き続けられるスキルを持っているかどうかが重要となっています。

20代であればキャリアチェンジ含めまだまだ間に合いますので、市場価値を高めることに何よりも価値基準を置いてもらいたいです。

転職することは稀であるという固定概念は捨てて、強い気持ちをお待ちの方は自分を信じて一歩踏み出してみてはいかがでしょうか。

ksbank

未経験で転職エージェントに転職し、これまでに4,000人以上の転職支援を行っています。

「転職エージェントの仕事について知りたい方」
「転職エージェント業界について情報が欲しい方」
「転職エージェントを活用した転職活動について情報が欲しい方」

向けに有益な情報となるよう随時更新中です。

ksbankをフォローする
転職エージェントで働く方にオススメの本
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ksbankをフォローする
スポンサーリンク
人材note~人材紹介の知恵袋〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました