転職がうまくいかない・決まらない場合の4つの理由とアドバイス

転職活動 豆知識
スポンサーリンク

どうも、さばっちょです。

私は現役の転職コンサルタントで、これまで約4,000人の転職支援を行ってきました。

今回は転職活動がうまくいかない・転職先が決まらない4つの理由とうまくいくためのアドバイスを記載しました。

転職活動は孤独で辛いこともありますが、ほんの少しの工夫や改善で劇的にうまくいくケースも多いです。

今回の内容が少しでもお役に立てば幸いです。

スポンサーリンク

転職先に求める希望が限定的/希望の優先順位が明確になっていない

転職を成功に近づけるために最も重要なポイントは、転職することで叶えたい希望に対して優先順位をつけることです。

転職することで叶えたい希望を明確にし、かつ優先順位をつけて行動しなければ、自分にマッチする会社に出会えるのはほぼ運命的な確率となってしまいます。

ただでさえ忙しい日々の中で、行き当たりばったりで動くことはオススメできません。

希望を明確にするためには、転職活動をしようと考えたきっかけを考えることが大切です。

きっかけは、人間関係、待遇面、勤務地など、人それぞれあると思います。

ポジティブ、ネガティブ関係なく、どんな内容でも、いくつあっても構いません。

一度すべてのきっかけを書き出してみてください。

そのきっかけをもとに人生を再度見つめ直し、最も改善したいこと、やってみたいことなど、希望を出していきます。

すべての希望を叶えることはできませんので、出てきた希望の中で特に優先したい希望は何かを考え、優先順位をつけていくのです。

転職活動で、なかなか自分にマッチする企業に巡り合えていないと感じている方は、ぜひ一度試してみてください。

企業の求めているスキルにマッチしていることをアピールできていない

企業の求めているスキルにマッチしていることをアピールできていないケースは、応募の段階面接の段階の2パターンが想定されます。

応募段階でスキルマッチをアピールできていないケース

応募段階で企業にスキルマッチをアピールできていない方に多い原因としては、職務経歴書の内容が薄い(文量的にも少ない)ことが多いです。

転職において応募書類は履歴書と職務経歴書の2つがありますが、書類選考通過を決定するのは職務経歴書です。

よって職務経歴書の内容は非常に重要となるのですが、職務経歴書の作成に関して、「文量は少なく、簡潔にコンパクトにまとめたほうが良い」という情報が出回っているようです。

職務経歴書は書類選考を通過するかどうか決める最重要資料であり、記載が少ないと必要な情報が伝わらずデメリットしかありません。

よって、職務経歴書は最低でも3枚は書くように心がけてください。(4枚になっても構いません。5枚だと少し多い印象です)

今までのキャリアについて詳細を記載して、読み手に自分のキャリアを正確に理解してもらいましょう。

面接でスキルマッチをアピールできていないケース

転職面接では、企業に対してあなたを採用することでどのようなメリットがあるのかを正確に伝える必要がありますが、このメリットという観点が抜けている人が多い印象です。

企業が本当に欲しい情報や知りたい内容は何か仮説を立てながら回答するよう心がけてください。

また、転職理由などの伝え方も言葉ひとつで、企業に与える印象が変わります。

例えば、

「パワハラが多く、多くの社員が辞めていく環境で働くのが嫌だ

という内容でも、

「パワハラが多く、多くの社員が辞めていく環境が自分には合っていない

と伝えるだけでも大きく印象が変わります。

転職面接の際に使っている言葉が相手にネガティブな印象を与えていないか、今一度考えてみてください。

応募が遅い/応募する企業・求人を厳選しすぎている

転職活動が順調に進んでいる人の多くは、応募するかどうかの判断が非常に早く、かつ自分の希望にマッチしていて少しでも気になる求人に対しては複数同時に応募を進め、チャンスをものにしています。

転職市場は移り変わりが想像以上に早く、1週間もすれば応募すらできない状況になることが多いです

瞬間瞬間の判断の速さ、行動の速さが成果を分けます。

スピードが転職活動の成果を決めるという言葉は、私が転職支援をしてきて確信している言葉です。

少し慎重になりすぎていると感じている方は、あまりにも慎重になり過ぎず、自分の本能や感性に従って行動することを大切にしてみてください。

目の前にチャンスは転がっています。

需要と供給の問題であり、あなたのキャリアが悪いわけではケースも多い

一般的に転職市場では、35歳までをターゲットとした求人が圧倒的に多く、40歳以降の求人は大きく減少する傾向にあります。

よって、年齢によっては、キャリアが悪いのではなく、元々需要と供給のバランスが悪いだけという可能性も大いにあります。

尚、現在は40歳以降をターゲットとした求人案件も以前に比べると増えつつあります。

諦めずコツコツと転職活動を続ければマッチする企業や求人に出会えるはずです。

まとめ-諦めなければきっと成果は出ます

転職活動は孤独で辛いことも多いと思います。

しかし、毎回少しでも工夫や改善を行うことで、良い結果に繋がっていくケースが非常に多いです。

努力が必ず報われるのが転職活動だと思いますので、どうか諦めず自分を信じてやっていってもらえればと思います。

ksbank

未経験で転職エージェントに転職し、これまでに4,000人以上の転職支援を行っています。

「転職エージェントの仕事について知りたい方」
「転職エージェント業界について情報が欲しい方」
「転職エージェントを活用した転職活動について情報が欲しい方」

向けに有益な情報となるよう随時更新中です。

ksbankをフォローする
転職活動 豆知識
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ksbankをフォローする
スポンサーリンク
人材note~人材紹介の知恵袋〜

コメント

  1. […] 希望に対する優先順位のつけ方とは? […]

タイトルとURLをコピーしました