機械オペレーター求人に応募する際に知っておきたいオススメな5つの情報|現役転職コンサルタント推奨

転職活動 豆知識
スポンサーリンク

どうも、さばっちょです。

私は現役転職コンサルタントとして、年間60名近くの転職支援を行っています。

メーカーへの転職支援も数多く経験していますが、ここ数年転職エージェントに依頼の多い職種が機械オペレーターです。

業績好調なメーカーは工場を拡大しており、機械オペレーターの需要はますます増えています。

そこで、今回は機械オペレーター求人の応募を希望している方が知っておくべき情報を記載しています。

機械オペレーター求人にはどういった人が受かりやすいのか

機械オペレーター求人に応募する際に気をつけるべきことは何か

業績の良い企業の機械オペレーターとして働きたいが、見極める方法はないか

など、機械オペレーターに関する情報収集を希望される方は是非ご覧ください。

スポンサーリンク

機械オペレーター求人の採用背景

機械オペレーターの求人を出している企業の採用背景は大きく分けて2つあります。

 業務量拡大に伴う人員補強

企業が生産している製品の受注が増え、工場の生産ラインの増設に伴う機械オペレーターの増員という背景は非常に多いです。よって、1名だけといった少人数採用の可能性は低く、5~10名程度など良い人がいれば採用したいというニーズの場合も多いです。

 製造現場の高齢化に伴う将来を見越した採用

機械オペレーターの働く製造現場は高齢化が進んでいるケースが多く、数年後を見越した若返り対策は急務となっています。つまり、組織構造上の年齢の問題からも人員強化を図っているということです。

年齢ターゲットは20代~30代中旬までが多い

上記で記載した採用背景からも分かるように、機械オペレーター求人の年齢ターゲットは20代の素養ある若手を対象とした求人がほとんどです。

よって、20代と30代では、機械オペレーター求人への応募の進め方が異なっており、特に30代の方は応募に際して何点か工夫が必要です。

20代:経験業務ではなく、お人柄や働き方の許容度(例 交代勤務経験ありなど)のマッチ度の高さが合格にポイントとなる

20代の方は、キャリア採用とはいえ、入社後一から業務を覚えてもらい、近い将来活躍してもらうことを前提として採用されるケースが多いため、素直さ、明るさ、エネルギッシュさ、やる気など、「将来期待できる」と思ってもらえるような人間的魅力を伝えることが重要です。

また、日勤ではなく交代勤務での働き方がメインになるため、過去に交代勤務経験や夜勤経験がある場合、非常に大きなアピールポイントとなります。履歴書や職務経歴書を作成する際は気をつけてみてください。

30代は求人内容に近い業務内容は活かせる資格のアピールは必須

30代の方は業界、製品性、保有資格など、何かしら応募求人と親和性がなければ、選考通過が難しい可能性が高いです。

よって、応募の際は求人票を良く読み、これまでの経験の中で求人票の内容と近い経験があれば、全て応募書類へ記載することを心がけてください。

この時、求人票に記載されている言葉と同じ言葉を使用することも大切です。

履歴書と職務経歴書の出来栄えで差をつけることができる/パソコンで作成すべし

これまでにも記載のとおり、機械オペレーター求人に応募の際は、応募書類の書き方1つで大きく選考通過率が変わってきます。

これまでの経験を振り返り応募書類を作成する中で、以下は必ず記載するようにしてください。

担当製品/使用ツール(例:NC旋盤など)/加工工程、加工対象の素材・材料/設備メンテナンス経験の有無/メンバー数/自身の役割/働き方(交代勤務の有無)/自己PR(働く上で心がけていることなどお人柄を表すエピソード)

時間と労力がかかりますが、必ず成果につながりますので、気合いを入れて作成しましょう。

また、手書きではなく、パソコンでの作成の方がレジュメが見やすく、合格率も高まりやすいのでオススメです。

機械オペレーターからのキャリアステップイメージ

機械オペレーターを経験後、「フィールドエンジニア」「サービスエンジニア」などメンテナンス職への転職はオススメ

機械オペレーター業務を経験後、フィールドエンジニアやサービスエンジニアといったメンテナンス業務への転職はキャッチアップにも繋がるためオススメです。

フィールドエンジニアやサービスエンジニアとは、顧客先に収めた自社設備のメンテナンスを行う業務です。

フィールドエンジニアやサービスエンジニアへの転職を視野に入れたい方は、日々機械オペレーター業務を行う中で、機械の定期メンテナンスやオーバーホール業務など、何かしらメンテナンスに関わる業務に対して積極的に携わり経験しておくことをオススメします。また、機械図面なども読めるように勉強しておくとよいでしょう。

ただし、工場内勤務から顧客先への訪問ベースの勤務へと変更になるため、顧客折衝含めた働き方がマッチしない方にはオススメしません。

番外編:機械オペレーターを募集している優良企業の見極め方

転職エージェントに機械オペレーター求人を依頼している会社は、業績が良い会社である可能性が非常に高い

機械オペレーター求人はハローワークだけで募集をしている企業がほとんどですが、転職エージェントに依頼して人材募集している企業もあります。

転職エージェントに依頼している企業の場合、機械オペレーターの1名の採用に数百万の費用をかけても問題ないことを表している企業であり、資金力のある優良企業の可能性が極めて高いです。

転職エージェントにも求人依頼を行っているかどうかも1つの基準にしてください。

ksbank

未経験で転職エージェントに転職し、これまでに4,000人以上の転職支援を行っています。

「転職エージェントの仕事について知りたい方」
「転職エージェント業界について情報が欲しい方」
「転職エージェントを活用した転職活動について情報が欲しい方」

向けに有益な情報となるよう随時更新中です。

ksbankをフォローする
転職活動 豆知識
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ksbankをフォローする
スポンサーリンク
人材note~人材紹介の知恵袋〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました