人材紹介業界の未来予想|AIなど新技術によって人材紹介は無くなってしまうのか??

転職エージェントの業務内容・働き方
スポンサーリンク

どうも、さばっちょです。

私は現役で人材紹介会社で働く転職コンサルタントです。

人材紹介会社において、営業、キャリアアドバイザー、マネージャーのすべてを経験しています。

今回は、人材紹介業界の未来予想図について、自分のなりの考えをまとめてみました。

「今後、AIが発達するにつれて、人材紹介の仕事はすべて機械代替されてしまうのではないか…」

「これからの人材紹介業界の未来は明るいのか?」

「人材紹介を人間がやる意味はあるのか」

など、人材紹介業界の今後の動向が気になる方に少しでも参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

AIは人材紹介業界に影響を与えるが、その影響速度は緩やかである可能性が高い

  • AIによる個人への的確な求人案内
  • AIによる企業への的確な求人ターゲット選定・候補者推薦

AIが人材紹介業界に与える影響は今後確実に出てくると思います。

しかし、転職をすべてAIだけで完結することは構造的に難しいというのが私の見解です。

なぜなら、転職には人生を大きく左右するリスクがあることや、最終的には誰かに背中を押して欲しい(誰かの責任にしたい)というメンタリティが日本人にはあるからです。

よって、AIの影響は緩やかであり、AIだけで転職が完結できる時代が来るには、まだまだ時間がかかると思います。

ちなみに、1999年のITブームの際も、人材紹介の仕事はインターネットによってすべて無くなると言われていました。

しかし、インターネットの発展によって、情報量が多くなったがために、適切な情報を収集することが難しくなり、結果、適切な情報提供してくれる存在として人材紹介会社の地位をさらに強固なものとなりました。

今回のAIに関しても、ITバブルの時と同様、どれだけAI開発が進もうと、その影響は緩やかなものになると思います。

indeedなど、様々な代替ビジネスが出てきているが、キャリア採用の手段として人材紹介業界を破壊するほど芯を打っているものはない

人材紹介の代替手段として、indeedなど様々新しいツールが出現していますが、いずれも現状を変えるほどの決定打にはなっていません。

よって、人材紹介による採用の仕組みを根本的に変えるような、強力なツールはまだ存在していません。

さばっちょ
さばっちょ

例えば、メーカーにおけるホワイトカラーの採用において、indeedで採用が大成功している会社はほとんど聞いていません。

今後技術の発展によって大きく世の中が変化していくことは間違いありませんが、人材紹介の果たすべき役割はまだまだ大きいことも間違いありません。

情報が溢れる世の中において、正しい情報をセレクトしてくれる存在は決して無くならない

人材紹介会社の果たす役割は大きいと記載しましたが、すべての人材紹介会社に当てはまる訳ではありません。

昨今、景気状況が改善されたこともあり、人材紹介会社の数が非常に増えています。

しかし、世の中にある人材紹介会社のほとんどが、メインで人材紹介以外の事業行っている企業ばかりであり、人材紹介事業だけに特化して、本気で取り組んでいる会社はありません。

よって、人材紹介会社のサービスクオリティはどんどん下がっているのです。

サービスクオリティの低い人材紹介会社は、景気が後退すると、企業の採用ニーズが縮小の影響を受け、利益を得ることができず、自然と駆逐されていくでしょう。

一方で、景気がどれだけ後退しても、情報が溢れる現代において、適切な情報を提供できる、高品質な人材紹介会社は必ず生き残ることができます。

いつの時代でも、正しい情報を正しく提供できる会社であれば、生き残れます。

技術を恐れず、上手く活用しながら、人材紹介だからこそできること、求められることに集中していくことが大切であると考えます。

ksbank

未経験で転職エージェントに転職し、これまでに4,000人以上の転職支援を行っています。

「転職エージェントの仕事について知りたい方」
「転職エージェント業界について情報が欲しい方」
「転職エージェントを活用した転職活動について情報が欲しい方」

向けに有益な情報となるよう随時更新中です。

ksbankをフォローする
転職エージェントの業務内容・働き方転職活動 豆知識
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ksbankをフォローする
スポンサーリンク
人材note~人材紹介の知恵袋〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました