【転職体験記】地方銀行から転職エージェント・人材紹介会社に転職して本当に良かった3つの理由

キャリアの考え方
スポンサーリンク

どうも、さばっちょです。

私は20代の頃に地方銀行から転職エージェント・人材紹介業界に転職しました。

転職後、営業・キャリアアドバイザー・マネージャーのすべての業務を経験し、現在は起業・独立して関西優良企業への転職支援を行う会社を経営しています。

今回は、20代の頃に地方銀行から転職エージェント・人材紹介業界に転職して良かったことを実体験をもとに3つにまとめて記載しています。

「銀行から転職を考えている」

「転職エージェント・人材紹介業界の仕事に興味がある」

など、今後のキャリアを前向きに考えている方に少しでも参考となれば幸いです。

スポンサーリンク

仕事の自由度・裁量が高まった

銀行員時代は、仕事の進め方に対してルール・規制が多く、自分のオリジナリティな考えを反映させた仕事が非常にやりにくい環境でした。

私は、「言われたことを確実に行う」よりも「誰もやっていないようなやり方を考えてトライする」という仕事の進め方が自分に合っていたので、正直銀行員の仕事にはとても苦労していました。

一方、転職エージェント・人材紹介会社に転職してからは、もちろん一般的なルール・規制はあるものの、細かい仕事の進め方に関しては個人の自由度や裁量権が大きく、オリジナリティを追求できる環境で働くことができました。

逆にオリジナリティが無ければ大きな成果を上げることは難しい環境であり、「顧客に対して何ができるか」「他に何かできる方法はないか」など考え続けることが大切で、自分の性に合っていました。

同じ顧客でも、担当コンサルタントによって成果が数倍程度変わることも多く、それもモチベーションに繋がっていました。

転職エージェント・人材紹介会社は、自由に自分独自の色を出しながら仕事がしたい方には非常にマッチした就業環境だと思います。

幅広い業界への知見が広がった

転職エージェント・人材紹介会社の仕事は、採用をしている全業界がターゲットとなります。

採用を考えていない会社はありませんので、「会社の数だけお客様がいる」ということです。

もちろん担当顧客は、エリアや業種など、ある程度限定されるかと思いますが、それでも今まで知らなかったような業界や職種をたくさん知ることができるため、自らの知識の引き出しは大きく広がります。

私は根っからの飽き性であり、どんどん新しいことをしたい・知りたい人間ですので、自身の知見がどんどん広がっていく感覚に非常に居心地の良さを感じました。

「飽き性な方」「知的好奇心旺盛な方」には、転職エージェント・人材紹介会社は合っていると思います。

正しい仕事を正しくできる

銀行員の頃は、「顧客が本当に必要としていなくても商品を提案・販売する」「自社よりもメリットのある商品が他にあることを知りながら提案・販売する」ということは日常茶飯事であり、「営業スキル」というよりも「顧客との関係性構築」が重視される環境でした。

当時、このような営業を続けていたら、将来的に自分は営業としての存在価値がなくなってしまうのではないかと不安を感じていました。

一方、転職エージェント・人材紹介会社の仕事は、どれだけ顧客と仲良くなっても、それだけで成果が生まれることはないため、仕事に対して真っ向勝負で向き合うことができます。

コンサルタントと仲が良くなったから付き合いで転職するなんてこと無いですよね。転職エージェント・人材紹介会社の仕事は正々堂々と真剣勝負です。

私はこの仕事のスタイルを「正しい仕事を正しく行える」と定義しています。いわゆる三方良しとも似ています。

世の中を見渡してみても、「正しい仕事を正しく行える」環境は少なく、無駄なストレスを抱えることなく仕事がしたい方にはオススメな環境だと思います。

最後に

私は、20代の頃に、悩みながらも早々に銀行員から転職エージェント・人材紹介会社に転職して本当に良かったと思っています。

自分の心に素直になって、キャリアを選択することは、変化の多い環境において本当に大切なことです。

皆様のキャリアが今よりさらに輝くことを祈っています。

ksbank

20代で金融機関から転職エージェント・人材紹介会社(ベンチャー)へ転職。2021年「適材適所を実現し個人と組織の成長を実現する」という世界観を実現すべく独立。

年間約60名、計4,000人以上の転職支援・アドバイスを行っています。

「転職エージェント・人材紹介の仕事について知りたい方」
「転職エージェント・人材紹介業界について情報が欲しい方」
「転職活動全般について情報が欲しい方」

向けに有益な情報を発信できるよう、随時更新しています。

ksbankをフォローする
キャリアの考え方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ksbankをフォローする
スポンサーリンク
人材note~人材紹介の知恵袋〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました