【現役の転職コンサルタント推奨】転職で内定をもらった企業に行くべきか悩んだ時に自らに問うて欲しいたった1つの質問

スポンサーリンク

どうも、さばっちょです。

私は20代の頃に金融機関から転職エージェントへ転職しました。

転職エージェントの仕事は、労働時間が長い労働集約型の側面もあり大変ですが、企業と転職希望者の両方の幸せを追求できる三法よしのビジネスであるため、私にとって天職であると感じています。

転職エージェントの仕事に出会えたことに感謝の気持ちでいっぱいなのですが、実は私は、転職活動中、今の転職エージェントとは違う企業から内定をもらっており、今回のテーマである「たった1つの質問」に出会わなければ、確実にその会社に転職していたと思います。

そして、恐らく、短期間で転職を繰り返すこととなっていたと思います。

それくらい今回の質問は、一見当たり前なのですが深い質問であり、人生を正しい方向へ導いてくれる質問であると思います。

これから転職活動をはじめる方

内定をもらっても転職を決めきれない方

是非一度考えてみてください。

スポンサーリンク

たった一つの質問「お客様は誰ですか?」

「お客様は誰ですか?」

あなたがこれから働こうとしている会社に置き換えて考えてみてください。

この質問に対してすぐに回答ができる場合は転職しても問題ないかと思います。

しかし、「お客様がだれか」という質問にすぐに回答できない場合は要注意です。

仕事とは、お客様の課題を解決する、つまり、お客様を喜ばせることで対価を頂くことができます。

つまり、最も重要な要素はお客様はどんな属性なのか理解し、自分自身がそのお客様を喜ばせることにモチベートされるかどうかです。

転職活動をしていると、どうしても会社の知名度や条件面など、企業の表面的な部分を重視しがちになります。

もちろん表面的な部分は大切ですし、それにモチベートされる人もいるでしょう。

しかし、実際に働いて、お金を稼ぐには、お客様に喜んでもらう以外なく、お客様に興味・関心が無ければ決して長続きしないでしょう。

私も1社目の金融機関から転職しようとしていた時、「お客さまは誰か」という側面がすっぽり抜け落ちており、勤務地が都心だとか、知名度が高いだとか、そんなところばかり優先していました。だから、内定を企業からもらってもなぜか決めきれない状況が続いていたのだと思います。

働く上で、お客様を理解することは非常に重要です。

応募する企業に関して、必ず確認しておきましょう。

最後に

繰り返しになりますが、

これから転職活動をする人

既に転職活動をしていて、内定をもらっているが決めきれない人

「お客さまは誰か」について是非考えてみてください。

あなたが運命の一社と出会うための大きなヒントになると思います。

ksbank

未経験で転職エージェントに転職し、これまでに4,000人以上の転職支援を行っています。

「転職エージェントの仕事について知りたい方」
「転職エージェント業界について情報が欲しい方」
「転職エージェントを活用した転職活動について情報が欲しい方」

向けに有益な情報となるよう随時更新中です。

ksbankをフォローする
転職活動 豆知識
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ksbankをフォローする
スポンサーリンク
人材note~人材紹介の知恵袋〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました