【求職者向け】魅力的なスカウトメールが増える!転職サイトへのレジュメ登録方法

転職活動 豆知識
スポンサーリンク

どうも、さばっちょです。

転職活動をはじめる際、リクナビNEXTやビズリーチといった、転職サイトにレジュメ内容を登録するかと思います。

私は、約5年間、毎日欠かさずその登録されたレジュメを見て、スカウトメールを送っています。

※ちなみに、現役コンサルタントなので、今日もスカウトをしています。

その中で強く感じることは、登録されたレジュメ内容のレベルに、あまりに個人差があるということです。

正直、書き方を少し工夫すれば、もっと経験にマッチした、受けたいと思えるスカウトメールが届くだろうなといつも思います。

よって、今回は

「リクナビNEXTやビズリーチなど、転職サイトに登録しているが、良いスカウトメールが届かない」

「自分の希望とは異なるスカウトメールばかり届く」

「求人サイトへの登録方法で気をつけるべきことを知っておきたい」

という方向けに、特に注意すべき登録方法を記載しています。

少しでも参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

職務内容欄は、これまで経験したすべての会社での業務内容を記載すること(ほとんど白紙や、あきらかに転職しているのに、現職しか記載していないケースは絶対NG)

私は毎日様々な転職サイトに登録された求職者へスカウトメールを送っていますが、色々な登録項目がある中で、職務内容欄については、かなり注視して見ています。

なぜなら、職務経歴欄の記載内容から、適した求人の判別ができるだけではなく、転職への本気度や人間性を知ることができるからです

よって、職務内容が以下記載のような状態になっている方にスカウトを送ることはまずありません。

職務内容欄に空白が目立つ(職務内容が把握できない)

・あきらかに転職しているはずなのにすべての勤務先情報を記載していない(故意に経歴を隠していると感じさせる

(例 学校の卒業年月日と現職入社時期が年単位で異なっており、どう見ても現職までに他の会社に就職しているはずなのに、記載されていない)

転職サイトから送られてくる求人は、機械が勝手に送っている全然マッチしない求人も多々あります。

しかし、職務経歴欄を正確に記載している人には、優秀なコンサルタントからのスカウトメールも数多く届いてます。

まだ知らない自分にマッチした求人案件の方を紹介してもらいたい場合は、必ずこれまでのキャリアについて全て記載するようにしてください。細かく書き過ぎるくらいがちょうど良いです。

希望勤務地は現実的に勤務可能なエリアのみ選択する

希望勤務地を選択する際、必ず気をつけて欲しいのが、「本当に住む環境として問題のない範囲のみ、希望勤務地として選択する」ということです。

住むのが現実的ではない勤務地でも、「希望勤務地が広い方がたくさんスカウトメールが届く」と考えて広げていませんか?

不用意に希望勤務地を広げることは、マイナス効果になることが多いです。

理由は、スカウトを送る側の立場になって考えると分かります。

例えば、あるコンサルタントがあなたの経歴に魅力を感じ、あなたにぴったりの関西勤務の求人案件を送ろうと考えているとします。

しかし、よく登録内容を見ると、あなたの希望勤務地は全国すべてが選択されており、現在関東に住んでいることが判明。

すると、コンサルタントは「関東在住かか。希望勤務地は全国と選択されているが、正直、今の住まいから近いところが優先度が高いだろう」と深読みします。

結果、本当は関西勤務の優先度が非常に高くても、スカウトメールが届かないというケースがありえます。

このケースは、例えばビズリーチなど、スカウトを送る側に通数の制限がある場合には更に顕著に傾向があらわれます。(費用が増えるので、無駄にスカウトを打つことができないからです)

よって、現実的に希望勤務地が決まっている場合は、その勤務地のみ記載してください。

本当に全国どこでも良いという人は、自由記載欄などに、全国どこでもOKであると記載しておくと良いでしょう。

希望年収は平均相場と大きく乖離した金額を記載しない

毎日求職者のレジュメを見る中で、希望年収の金額を相当高く設定している求職者が結構います。

本当に希望金額が提示されない限り転職しないのであれば素直に記載してください。

ただ、希望年収を高く設定した方が最終的に年収交渉ができて、有利に働くなどお考えの場合は、全く効果はないので、現実的に意思決定できる希望年収額を設定してください。

ちなみに、年収の平均相場ですが、日本全体で平均した場合、年齢×15と言われています。30歳だと450万円ということになります。

平均年収が高い企業で、年齢×20くらいかと思います。

明確な理由がない限り、希望年収も現実ラインに沿った金額を記載しましょう。

最後に

転職活動を進める中で、いろんな情報に出会うかと思います。

しかし、現実の転職市場とは異なる情報が多いので、不誠実かな?と思うことはしないようにしてください。

キャリア採用といっても、採用される際はスキルだけではなく、人間性が非常に重要です。

おおやけに公開するレジュメですから、故意に嘘をついたり、騙したりするような内容を記載してはいけません。

もし、内容が嘘であることが判明した場合、担当してくれるコンサルタントからの信頼も完全に失墜してしまいます。

すべてが信頼関係で成り立つといって良いのが、転職活動ですので、悩んだ時は、誠実であろうとし続けてもらいたいです。

ksbank

未経験で転職エージェントに転職し、これまでに4,000人以上の転職支援を行っています。

「転職エージェントの仕事について知りたい方」
「転職エージェント業界について情報が欲しい方」
「転職エージェントを活用した転職活動について情報が欲しい方」

向けに有益な情報となるよう随時更新中です。

ksbankをフォローする
転職活動 豆知識
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ksbankをフォローする
スポンサーリンク
人材note~人材紹介の知恵袋〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました