【転職エージェント未経験者向け】求職者から友人を紹介してもらうためにオススメな4つの方法

スポンサーリンク

はじめまして、さばっちょです。

私は20代の頃金融機関から転職エージェント転職しました。

入社後、約5年間で営業、キャリアアドバイザー、マネージャーのすべてを経験し、
年収も1000万円を超えることができました。現在、年間60名ほど転職支援をしています。

今回は、転職エージェントの仕事をする上で最も重要な求職者獲得において、最も有効な手段の一つである求職者からの友人紹介についてオススメの方法を記載しています。

「求職者からなかなか紹介がもらえない」

「求職者から紹介をもらうにはどうすればよいか分からない」

という方向けに、紹介を促進する方法を記載していますので、少しでも参考になれば幸いです。。

スポンサーリンク

転職先が決定し、退職交渉をはじめるくらいのタイミングで知り合いで転職を希望する人がいれば声をかけて欲しいと伝える

求職者の方が最も知り合いにお声かけしてくださるタイミングは、退職交渉を終え、引き継ぎを行う時期です。

この時期には、社内全体に退職について知れ渡っているため、転職を同様に考えている人がいれば、「どうやって転職したの?」など、質問をしている可能性が高いからです。

よって、この時期が来るまでに、紹介を依頼しておくことは、とても重要な観点ですので、臆することなく必ず依頼しておきましょう。

転職を考えてそうな友人がいる場合、具体的な職種を聞き、マッチしそうな求人票を渡す

紹介を依頼する際、「具体的に周りに考えている人がいますか?もしくは、いそうかですか?」とかなり踏み込んで聞いておくと良いです。

もし、該当する人がいる場合、具体的な業務内容も聞き、マッチしそうな求人案件を、一例として渡しておきましょう。

紹介する側が、動きやすくなるためオススメです。

自分自身のメールアドレスや電話番号は自由に伝えてもらって良いと伝えておく

求職者が、いざ、友人に紹介しようと思った際に、転職エージェントの連絡先を勝手に教えて良いのかどうか、不安に思うと思います。

事前に自分自身の情報については、伝えてもらって良いということを伝え、心理的ハードルを下げておきましょう。

ご友人にも納得感のある転職支援をしたいと想いを伝える

転職活動は、どのように進めるかによって結果が大きく変わります。

つまり、良い転職コンサルタントに出会えることができれば、良い結果に繋がることも多いにあり得るのです。

これは個人的な思いにもなりますが、最近はあまり求職者の将来のことを考えず、スキルマッチさえしていれば求人を送るという、クオリティの低いサポートをする転職エージェントが増えていると思います。

そういった転職エージェントから転職サポートを受けてしまうと、「受かるべき人が受からない」ということが起こり得ます。それはあってはならないことです。

よって、

「自分自身の周りで転職活動を上手くやって欲しいと思える人がいれば、私に紹介して欲しい。必ずできる限りのサポートをします」

とストレートに想いを伝えてみては良いでしょうか。

ここまでまっすぐに想いを伝える人は少ないでしょうし、共通の認識を持つことで、心から友達を紹介したいと思ってもらえる状況を作り出すこともできます。

最後に

色々と記載しましたが、根本的には紹介を依頼する方に、まず適切なサポートができていなければなりません。

目の前の人に全力で集中し、その先に紹介が待っていることを忘れないようにしましょう。

ksbank

未経験で転職エージェントに転職し、これまでに4,000人以上の転職支援を行っています。

「転職エージェントの仕事について知りたい方」
「転職エージェント業界について情報が欲しい方」
「転職エージェントを活用した転職活動について情報が欲しい方」

向けに有益な情報となるよう随時更新中です。

ksbankをフォローする
転職エージェントの業務内容・働き方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ksbankをフォローする
スポンサーリンク
人材note~人材紹介の知恵袋〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました