【転職エージェント未経験者向け】転職エージェントで成功するために最低1年間は継続すべき3つの方法

スポンサーリンク

どうも、さばっちょと申します。

私は、人材紹介会社に未経験で転職し、約4年間で営業、キャリアアドバイザー、マネージャーを全て経験することができました。

また、有難いことに、年収は前職の4倍近くまで高めることができました

今回は、そんな私が、人材紹介会社に未経験で転職したばかりの人向けに、最低でも1年間は続けた方が成長に繋がると思われる内容を記載しています。

私も愚直に実践した内容です。

少しでも参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

企業訪問や求職者面談に対して同行・同席を依頼する(一人でやらない)

入社後、どのようなキャリアスタートになるかは、人それぞれかと思いますが、どちらにせよ、一人で業務を行うことはオススメしません。

特に、企業訪問や求職者面談など、顧客と接する業務は最低でも1年程度は同席してもらう方が将来的な成長スピードは早まると思います。

当たり前のように聞こえるかも知れませんが、先輩も非常に忙しそうにしている中、同行・同席を依頼することも簡単ではありません。

ただ、自分自身の早期の成長が会社のためになる、将来的に恩返しします と強い気持ちを持って先輩を巻き込んで行きましょう。

そういう気概を持っている人を好む人もこの業界には多いです。

臆せずコミュニケーションを取って行きましょう。

与えられた目標はどんな小さなことでも達成する(考える以上にまずは行動)

入社した当初、訪問件数など、自分の努力次第で必ず達成できる目標が設定されると思います。

その目標に関しては、有無を言わず必ず達成するようにしてください。

小さなことでも即座に達成する姿は必ず周りは見ており、また、優秀なコンサルタントは皆同じ道を歩んでいるため、共感を得られると思います。

その結果、教えてもらえる量や質が高まったり、何かチャンスが訪れた時、そのチャンスが自分に巡ってくる可能性が必ず高まります。

あまりに過酷で、どうやっても手が届かない目標は別ですが、基本的には、

こんなこと意味あるのかな?とか細かいことは考えずに、まずは愚直に達成を目指して頑張りましょう。

この仕事に無駄なことは何もありません。

毎晩1日の終わりに業務を振り返り、気づき・学び→明日やることをまとめる。

この仕事を始めると、皆思うのが、覚える量が多い、到底知識が追いつく気がしないといった、インプットの悩みです。

確かに覚えること、瞬間瞬間に学ぶべきことはたくさんある仕事ですが、正直やりながら覚えていけば良いです。

違うように見えて同じようなことが日々起こりますので、覚える→忘れる→思い出すの繰り返しで、知識を構築していけば良いです。

ただ、思い出すことができないといけないので、はじめの1年程度は、日々の振り返りは行った方が定着性が高まり良いです。

いかに質の高い反復を早々にできるかどうかが、成長スピードに繋がりますので、日々の振り返りも大切にしてください。

最後に

人材紹介という仕事は、一見派手に見えますが、泥臭くコツコツやり続ける必要がある仕事です。

はじめは悩みは尽きないかと思いますが、まずはじめは、先輩の仕事を見て学び仕事の進め方の型を構築してください。

型をしっかり持つことができれば、その先に自分のやりたい人材紹介を突き詰めることができます。

自分の人材紹介を突き詰めることは、この上ない面白みに繋がります。

是非そのフェーズにいち早く到達するためにも、上記内容を参考に、まずは型を作ってもらいたいと思います。

ksbank

20代で金融機関から転職エージェント・人材紹介会社(ベンチャー)へ転職。2021年「適材適所を実現し個人と組織の成長を実現する」という世界観を実現すべく独立。
年間約60名、計4,000人以上の転職支援・アドバイスを行っています。

「転職エージェント・人材紹介の仕事について知りたい方」
「転職エージェント・人材紹介業界について情報が欲しい方」
「転職活動全般について情報が欲しい方」

向けに有益な情報を発信できるよう、随時更新しています。

ksbankをフォローする
転職エージェントの業務内容・働き方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ksbankをフォローする
スポンサーリンク
人材note~人材紹介の知恵袋〜

コメント

  1. […] あわせて読みたい 人材紹介会社で働く前に知っていて得する5つのこと 【人材紹介未経験者向け】求職者と面談することで得られるこれだけのメリット 【未経験者向け】人材紹介会社に入社後、最低1年間は継続すべきこと […]

タイトルとURLをコピーしました